マイカーローンの基本を知ろう

自動車に関連する費用に使えるローンとして定着をしてきているマイカーローンは、借りる前に基本をしっかりと知らなければなりません。従来のローンのように標準的な内容の他に、マイカーローンには様々なタイプも出てきているので、どのように借りるかを考えてから選ばないと失敗をしてしまう可能性があります。

 

また、金利だけで比べるとしてもマイカーローンとディーラーでのローンでは大きな開きがあります。低金利となるのは金融機関のマイカーローンですが、手軽さで選べばディーラーローンと、それぞれに良い点や悪い点もあるのです。

 

マイカーローンは基本をしっかりと知れば初心者でも安心して借りられる商品となっていますので、当サイトに掲載をしている各情報の他に、詳しい内容をさらに知りたい方はマイカーローン人気ランキングも見ておくと良いでしょう。

 

 

最近のマイカーローンの傾向

マイカーローンについて、詳しく選び方などを知っている人は、それ程いないのではないでしょうか?ディーラーに任せっきりで書類にサインしただけという人も多いでしょう。実は最近のマイカーローンでは色々と変化が生じています。これを知らないとマイカーローンで失敗するかもしれないという傾向があります。

 

特に知っておくべき最近の傾向として、残価設定ローン、低金利マイカーローン、審査落ち、の3点があります。

 

残価設定ローンとは

残価設定ローンとは、購入した車を数年後に下取りに出して、毎月の支払いを抑えるローンの方式です。例えば200万円の車の5年後の価値が80万円だとします。5年間で120万円だけ返済して、その時点で今の車を80万円で売却してしまいます。これで完済できるので、毎月のローンの支払額を抑えられます。

 

残価設定ローンは3年か5年で設定されているので、3~5年毎に車を乗り換えたい人、毎月のローンの返済額を抑えたい人には向いている契約方法です。ただし、利息は元々の本体価格に対してかかっている点を考えると、支払総額は大きくなります。支払総額で得をするのではない点には注意が必要です。

 

低金利マイカーローン

マイカーローンの金利は現在低めに設定されています。もっともこれはマイカーローンに限った話ではなく、日本の金利全般に対して言えます。しかし、マイカーローンの場合、高金利で契約している人と低金利で契約している人にはっきりと分かれます。その違いはディーラーのローンを利用するか、自分でマイカーローンを探して組むかの違いです。

 

ディーラーのローンは手続きが簡単で、車を購入するその場でローンの手続きも済んでしまいます。しかし、ディーラーのローンの特徴として、金利が高めに設定されています。

 

例えば銀行でもマイカーローンを扱っていますが、こちらを利用するだけで金利は大幅に下がる可能性があります。手続きの手間や審査の問題もありますが、節約したい、損はしたくないという人は、銀行のマイカーローンについても調べておくべきです。

 

審査落ちのリスクもある

マイカーローンもローンなので、審査に通らなければ融資を受けられません。正規雇用ではない派遣社員やフリーターが増えている点、信用情報に傷がついている人が多い点から、審査に落ちる人が増えて言います。

 

審査に落ちてしまうと即融資を断られるとも限らず、保証人をつければローンが組める場合もあります。また、マイカーローンを組みたいなら、普段のローン関連の支払いの遅れには気を付けましょう。

 

しっかりと安定した収入があり、ローンの返済に関するトラブルがなければ、マイカーローンの審査はそこまで身構える必要もありません。アルバイトの方が銀行の低金利ローンを組むというのは難しいですが、正社員の方であれば低金利マイカーローンの利用も十分に可能となります。