残価設定ローンの特徴

グレードの高い車に乗りたい、でもローンの支払いは抑えたい、というとわがままに見えるかもしれません。しかし、それを実現するマイカーローンが今は実際にあります。それが残価設定ローンです。

 

これから購入する車の数年後の推定下取り価格を据え置いて、差額を返済していきます。例えば300万円の車の3年後の推定下取り価格が100万円だったとします。残りの200万円をローンで返済していき、3年後には下取り価格を考慮した上で対応を選択できます。

 

想定価格との差額がなければ、そのまま車を下取りに出して清算できます。また、乗り続けたければ、下取り価格分を支払します。もちろん再度ローンにしてもかまいません。

 

また、乗っていた車を下取りに出した上で、また新しい車に乗り換えるのも可能です。3年~5年程度で新しい車に乗り換えられるので、そういった買い替えを希望している人には向いているといえます。

 

ただし、3年後や5年後に査定が下がる可能性があります。走行距離や傷などで、下取り価格が下がるリスクがある点には注意が必要です。

 

また、残価設定ローンは毎月の返済額を抑えられますが、利息は想定下取り価格分に対しても発生しています。支払総額という点では決して安いとは言えない点にも注意しましょう。

 

支払い総額を抑えたローンを利用したいなら、人気の低金利マイカーローンをおすすめの評判マイカーローンで調べてください。